テレビドラマ「ブラッディマンデイ」最終回 あらすじ後半

ブラッディ・マンデイ(BLOODY MONDAY) テレビドラマ 解説

ブラッディマンデイ序章

ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)パソコンイメージ

ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)とは一体なんなのか?

その秘密は、いきなり冒頭から始まる。

ロシアのとある町の人々が一瞬にして全滅する。一人残らず。

その理由は・・・恐ろしきテロ組織による最強ウィルスの実験であった。

そのウィルスは人から人へあっという間に空気感染し、短時間で死に至らしめる。

エボラを超える殺傷能力を有する最強のウィルス!

そのウィルスを使う真のターゲットは?

テロ組織の目的は一体何なのか?

このテレビドラマ ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)には、数々の「謎」や「見所」が秘められている。

見れば、見るほどついついハマッってしまう。

その一部を紹介すると・・・

  • 主人公の高校生「藤丸」。天才ハッカー「ファルコン」である。ハッキング技術だけで、どこまで凶悪なテロ組織と戦っていけるのか?
  • 主人公の妹「遥」。ある意味主人公の弱点。果たしてその運命は?
  • 警察の超特殊部隊「THIRD-i」。組織内の裏切り者(スパイ)は一体誰なのか?
  • 仲間の中にも、犠牲者がでるのか?何人テロの魔の手にやられるのか?
  • テロ組織の恐るべき計画とは?真の狙いはあるのか?
  • そして、きっとあるであろう・・・絶望的な裏切り!

ドラマというよりは、映画をみているようなスケールと臨場感!

天才ハッカーと凶悪テロ組織の壮絶な頭脳対決が始まる!


『スペシャル特典』

【特典映像】
●「プレミアム制作発表」
●「スペシャルメイキング」
●「出演者インタビュー」
●「ナビ」
●「チャンネル★ロック」
●「宣伝SPOT集」等

【封入特典】
●マウスパット
●ミニクリアファイル



『謎のブラッディマンデイ』


ブラッディマンデイのさらに謎が深まる

Ver.0

詳細はこちら↓↓↓

ブラッディ・マンデイver.0



ブラッディマンデイ ハッキングイメージ

Sponsored Link

テレビドラマ「ブラッディマンデイ」最終回 あらすじ後半


主人公「高木 藤丸(たかぎ ふじまる):三浦春馬」は、親友「九条音弥(くじょう おとや):佐藤健」を人質にとられ、喫茶店 に呼び出されていた。


そこで待つのはテロリストの若きリーダー「J:成宮寛貴」。


藤丸は、喫茶店で「J」と落ち合う。『音弥はどこにいる?』


『もちろん、無事だ。・・・まず、座って・・・』余裕を見せる「J」。人質をとり、主導権を握っているからだ。


そして、喫茶店のコーナーに2人で座り、「J」から意外な内容の依頼が藤丸へ託される。


『ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)を中止する。』突然の「J」の予想外な発言に戸惑う藤丸。


『新しい導師「K」は、自分の父親である「神島紫門(かみしま しもん):嶋田久作」を殺した。そして、自ら導師となった。折 原 マヤにそそのかされたんだよね。あと、ファルコンや君の父親のおかげで、僕のシナリオに大分誤差が生じた・・・』


『だから、ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)は中止だ。』計算高い「J」にとって、今の導師のやり方に合わない。


しかし、一つ問題があるという。それは、まもなく宝石箱が爆発してしまうこと。そして、それを止めることが「J」の依頼だ。


カギを握るのは、導師「K」の持つ発信機のみ。


それをハッキングできれば、爆発を止めることもできるし、爆弾のありかもわかる。テロリスト側の所有しているパソコンを藤丸へ 渡す。


「J」は薄ら笑いを浮かべながら続ける。


『何としても宝石箱を止めたい君と利害が一致したと思わない?』


『そんなこと信用できるか』反発する藤丸。


しかし、音弥を人質に取られている藤丸にとって選択の余地は無い。しかも、起爆を止められるチャンスがそこにあることは間違い ない。


罠かもしれないが、それでもあえて挑戦するしかない。宝石箱である中性子爆弾を止めるため。


「J」は、ワゴン車内に監禁されている「音弥」を無事、法務大臣のところまで届けるよう部下に指示を出す。と同時に、テロリス ト側のハッカー「ブルーバード」に藤丸こと「ファルコン」のハッキングを監視するよう指示を出す。



藤丸はパソコンを開いた。やるしかない。決意は固まったようだ。


このパソコンのつながっているネットワークは、テロリスト達の専用ライン。「K」の持つ発信機は、その中央サーバーと通信とつ ながっている。まずはそこにターゲットを絞り、発信機の場所を特定するつもりだ。


一方、「ブルーバード」も動き出す。「ファルコン」にとってはアウェイでも、テロリスト側にとってはホームグラウンド。


「ファルコン」に宝石箱までの道筋を開いてもらい、最後に宝石箱を横取りするねらいだ。


藤丸こと「ファルコン」とテロリスト「ブルーバード」のハッキング対決が始まる。


藤丸は、何者かによって自分のハッキング(行動)が監視されていることに気が付く。


相手の存在を確認した。相手のネットワーク環境であり、藤丸にとっては不利。


しかし、ハッキングは、天才ハッカーである「ファルコン」にとっては相手のネットワークでもホームグラウンド。


アウェイでの攻防であるが、ハッキング能力で一枚上手の藤丸「ファルコン」


ブルーバードを紙一重で封じ込めることに成功する・・・『捕獲完了。』勝利宣言だ。


任務を失敗した「ブルーバード」に対して、後ろに居る「J」によって消される。失敗者には罰を。


藤丸こと「ファルコン」は、そのまま起爆装置まで到達。タイマー機能のダウンに成功する。


タイマーは止まった。これによって中性子爆弾の爆発。血の月曜日となる『ブラッディ・マンデイ(BLOODY MONDAY)』は何とか阻止することができた。


また、ハッキングの成果はそれだけではない。現在のテロリストの潜伏箇所も割り出すことが出来た。


[1:15 TO THE END OF TOKYO]


藤丸はその旨をサードアイ指令「霧島悟郎(きりしま ごろう):吉沢悠」へ伝える。


サードアイの捜査員へ至急、テロリストの潜伏先へ出動命令を出す。


そして、藤丸へは、妹が居る病院へ行くよう促す。



テロリストの潜伏先では、「J」の帰りを全員が待っていた。脱出までの残り時間がせまりあせりも見え始めた。


『Jはどこにいったんだ。』テロリストの中にも不信に思う者が現われ始める。


女テロリスト「折原 マヤ(おりはら まや):吉瀬美智子」も続く『まさか、見捨てた・・・』


もともと、「J」と「折原 マヤ」はお互いそりが合わない存在同士。皮肉が混ざった発言だ。


しかし、新しい導師「K」こと「安斎 真子(あんざい まこ) :徳永えり」は冷静に、そしてテロリスト達を落ち着かせるように 静かに語る。


『そんなはずはない。「K」を待ちましょう。』


藤丸によって止められたはずの発信機であったが、「K」が腕にはめたとたん・・・再度タイマーが動き出す。


タイマーには、何か脈の打つような信号が記録されている。この発信機にはなにか秘密が隠されているようだ。



女テロリスト「折原 マヤ」が単独でこっそり誰かと連絡を取っている。しかも、ロシア語だ。


『まもなく、ここを脱出する。約束の金額、振り込んでくれたでしょうね?』


どうやら、テロリストとは別の雇い主と連絡しているようだ。


しかし、その姿をテロリストの他のメンバーに目撃される。


『逃げるつもりだな。・・・導師様を殺したのもお前だな。』


銃を構えて狙いを定めている。撃ち合えば「折原 マヤ」に分が悪い。


その時、後方から声が入る。新しい導師「K」だ。


『行きなさい。神はあなたを見ている・・・神はあなたを守る。』・・・なんとかその場をしのいだ折原マヤ。


『ありがとうございます。・・・神のご加護を』・・・その場を立ち去る「折原 マヤ」



そして、サードアイのメンバーがテロリストの潜伏先へ急行し、周囲を完全に包囲する。


次の瞬間。突撃が始まる。


『動くな!』サードアイ「南海 かおる(みなみ かおる):片瀬那奈」の叫び声が響き渡る。


テロリスト側もサードアイの存在に気が付く。


まさに一触即発の状態だ・・・そんなに長くはこの状態は続かない。


銃撃戦が始まる。しかし、突撃を仕掛けたサードアイが有利だ。すぐに沈静化が図られる。


そして、建物一番奥に座る人物を包囲する。


その人物は・・・「K」のはずだったが・・・「K」ではない。


サードアイにとって、最重要人物である「K」と「J」の2人の兄弟が居ない。


あたり周辺を探しに入る。そして、サードアイ指令霧島は藤丸の周辺も探すように指令を出す。


藤丸と「K」こと安齋はもともと高校の親友同士・・・何かあるかもしれない。


霧島の推測は正しい。


2人は、テロリストのアジトから少し離れた場所に居た。


藤丸から安齋に連絡を取っていたのだ。


藤丸とテロリストの新しい導師「K」2人が新しい立場で対峙している。


藤丸には、どうしても確認しておきたいことがあった。


テレビドラマブラッデ ィマンデイ」最終回 最終章へ続く

Sponsored Link

検索





Yahoo!ブックマークに登録

ブラッディマンデイ商品

テレビドラマの放送も含めて、ブラッディマンデイの関連商品を紹介します。


オリジナル単行本、テレビドラマのDVDボックスをはじめ、関連商品を多数集めました。


ブラッディマンデイの関連商品はこちら↓

ブラッディマンデイ関連商品 価格比較 口コミ


ブラッディマンデイ DVD 価格比較 口コミ


最近の記事

サブコンテンツ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。