ブラッディマンデイ ドラマ 第二話 あらすじ前半

ブラッディ・マンデイ(BLOODY MONDAY) テレビドラマ 解説

ブラッディマンデイ序章

ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)パソコンイメージ

ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)とは一体なんなのか?

その秘密は、いきなり冒頭から始まる。

ロシアのとある町の人々が一瞬にして全滅する。一人残らず。

その理由は・・・恐ろしきテロ組織による最強ウィルスの実験であった。

そのウィルスは人から人へあっという間に空気感染し、短時間で死に至らしめる。

エボラを超える殺傷能力を有する最強のウィルス!

そのウィルスを使う真のターゲットは?

テロ組織の目的は一体何なのか?

このテレビドラマ ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)には、数々の「謎」や「見所」が秘められている。

見れば、見るほどついついハマッってしまう。

その一部を紹介すると・・・

  • 主人公の高校生「藤丸」。天才ハッカー「ファルコン」である。ハッキング技術だけで、どこまで凶悪なテロ組織と戦っていけるのか?
  • 主人公の妹「遥」。ある意味主人公の弱点。果たしてその運命は?
  • 警察の超特殊部隊「THIRD-i」。組織内の裏切り者(スパイ)は一体誰なのか?
  • 仲間の中にも、犠牲者がでるのか?何人テロの魔の手にやられるのか?
  • テロ組織の恐るべき計画とは?真の狙いはあるのか?
  • そして、きっとあるであろう・・・絶望的な裏切り!

ドラマというよりは、映画をみているようなスケールと臨場感!

天才ハッカーと凶悪テロ組織の壮絶な頭脳対決が始まる!


『スペシャル特典』

【特典映像】
●「プレミアム制作発表」
●「スペシャルメイキング」
●「出演者インタビュー」
●「ナビ」
●「チャンネル★ロック」
●「宣伝SPOT集」等

【封入特典】
●マウスパット
●ミニクリアファイル



『謎のブラッディマンデイ』


ブラッディマンデイのさらに謎が深まる

Ver.0

詳細はこちら↓↓↓

ブラッディ・マンデイver.0



ブラッディマンデイ ハッキングイメージ

Sponsored Link

ブラッディマンデイ ドラマ 第二話 あらすじ前半

テレビドラマ『ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)』の第二話は、全く新しいシーンから始まる・・・


夜道を歩く女子高校生。


突然足の裏に何か液体状のものを踏みつける。


「ぐっちゃ」


よく見ると血の海が広がり、男の変死体が無造作に転がっている。


女子高校生は・・・口元に怪しい笑みを浮かべ、そして思い出したように・・・


『だれかぁ・・・』


と助けを呼ぶ・・・一体誰が殺害されたのか・・・第二話が始まる。



富永医院(高木遥収容先の病院)

主人公 高木藤丸(たかぎ ふじまる)の妹 高木 遥(たかぎ はるか)は、富永医院で透析を受けていた。

先の誘拐拉致の事件で、透析が受けれなく意識を失っていた。


同時に誘拐された富永医院の看護婦(富永先生の奥さん)も同時に病院へ搬送され、手当てを受けていた。


先に意識を取り戻したのは、富永先生の奥さんであった。

しかし、富永先生を見て・・・


『あなた誰?』


・・・? 富永先生ではない・・・別の人間・・・そう富永先生にすりかわったテロリストの組織の人間であった。


そんな事もしらない藤丸は、富永医院へ到着して、携帯電話が鳴る。


そこから恐るべき事実を知ることとなる。


電話の相手は、警察庁警備局考案特殊第三課・・・通称「THIRD-i(サードアイ)」のメンバーからであった。


その内容とは、富永医院の先生の死体が見つかった。


実は、冒頭発見された死体は富永先生であった。テロリストに殺されたのであった。もちろん、発見者の高校生もテロリストのメンバーである。故意に死体をサードアイに発見させたのだ。


走り出す藤原。富永医院の中で、ベットに横たわる人影・・・妹であったら・・・そこには、富永先生の奥さんの遺体があった。

その顔は恐怖で硬直し、目が見開いている形相であった。


そのとき、突然近くの電話が鳴り響く。テロリストからだ。

藤丸に近くのセンター街の奥の廃ビルへ来いとのこと。


再び走り出す藤丸。



一方、「THIRD-i(サードアイ)」にはテロリストからの挑戦的な電話が入る。


今度は本物の殺人ウィルスを送付した。

送付先の名前と住所を大胆にも告げてきた。その名前とは「安田 由紀子」。

最後に、目的は「ファルコン」とだけ残し電話は切れる。


主人公 高木藤丸(たかぎ ふじまる)のもうひとつの顔・・・天才ハッカー「ファルコン」

サードアイのメンバーへ高木藤丸も身柄確保の命令が下る。



緊急出動し、安田由紀子の身柄を拘束、家宅捜索でウィルスと思われる郵便物を発見する。

既に、安田由紀子によって開封されており、感染した可能性が高い・・・隔離研究所へ搬送される。



センター街の奥 廃ビル

藤丸が廃ビルへ到着すると、妹の遥は、爆弾と一緒に縛られていた。

刻一刻とタイマーの数字が減っていく。


テロリストからの要望は・・・


『サードアイへハッキングし、ロシアでの殺人ウィルス事件「クリスマスの虐殺」の映像データを全て消去しろ』


藤丸に選択の余地はない。


サードアイは、システムへのハッキングを感知。しかし、天才ハッカー「ファルコン」の名をもつ藤丸によって、いとも簡単にハッキングを許してしまう。


ハッキングに成功しても、テロリストからのコンタクトが無い。あせる藤丸。時間だけが非常にも過ぎ去っていく・・・


そこへサードアイのメンバーが到着する。

途中、富永医院の富永先生の偽者を発見し、藤丸のもとへ連れてきていた。


この偽者は、爆弾に暗号キーを打ち込み、叫ぶような声で声明を語りだした・・・


『いけにえだ! 祝祭は始まった。 赤と青のコード 好きなほうを切れ』


そういうと、口に含んでいた毒を自ら飲み込み自殺する。


妹の遥がいけにえというのか?

爆弾の残り時間はあとわずか・・・避難命令が下る中、サードアイのメンバー「南海 かおる(みなみ かおる)」が飛び出し、爆弾の一本のコードを切断する。


爆弾は解除された。


妹遥は、何とか爆破されずにすんだ。


しかし、サードアイへ最悪の連絡が入る。


『最初の感染者が出た・・・ウィルスは・・・BLOODY X(ブラッディ・エックス)』


最初の感染者 安田由紀子 BLOODY X(ブラッディ・エックス)の感染者第一号・・・



そして、妹の高木遥はウィルスに感染させられている可能性が!


テロリストの目的「ファルコン」とはどういう意味か?


BLOODY X(ブラッディ・エックス)の感染者第一号 安田由紀子の運命は・・・。


ブラッディマンデイ ドラマ 第二話 あらすじ後半へ続く

Sponsored Link

検索





Yahoo!ブックマークに登録

ブラッディマンデイ商品

テレビドラマの放送も含めて、ブラッディマンデイの関連商品を紹介します。


オリジナル単行本、テレビドラマのDVDボックスをはじめ、関連商品を多数集めました。


ブラッディマンデイの関連商品はこちら↓

ブラッディマンデイ関連商品 価格比較 口コミ


ブラッディマンデイ DVD 価格比較 口コミ


最近の記事

サブコンテンツ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。