ブラッディマンデイ ドラマ 第一話 あらすじ後半

ブラッディ・マンデイ(BLOODY MONDAY) テレビドラマ 解説

ブラッディマンデイ序章

ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)パソコンイメージ

ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)とは一体なんなのか?

その秘密は、いきなり冒頭から始まる。

ロシアのとある町の人々が一瞬にして全滅する。一人残らず。

その理由は・・・恐ろしきテロ組織による最強ウィルスの実験であった。

そのウィルスは人から人へあっという間に空気感染し、短時間で死に至らしめる。

エボラを超える殺傷能力を有する最強のウィルス!

そのウィルスを使う真のターゲットは?

テロ組織の目的は一体何なのか?

このテレビドラマ ブラッディマンデイ(BLOODY MONDAY)には、数々の「謎」や「見所」が秘められている。

見れば、見るほどついついハマッってしまう。

その一部を紹介すると・・・

  • 主人公の高校生「藤丸」。天才ハッカー「ファルコン」である。ハッキング技術だけで、どこまで凶悪なテロ組織と戦っていけるのか?
  • 主人公の妹「遥」。ある意味主人公の弱点。果たしてその運命は?
  • 警察の超特殊部隊「THIRD-i」。組織内の裏切り者(スパイ)は一体誰なのか?
  • 仲間の中にも、犠牲者がでるのか?何人テロの魔の手にやられるのか?
  • テロ組織の恐るべき計画とは?真の狙いはあるのか?
  • そして、きっとあるであろう・・・絶望的な裏切り!

ドラマというよりは、映画をみているようなスケールと臨場感!

天才ハッカーと凶悪テロ組織の壮絶な頭脳対決が始まる!


『スペシャル特典』

【特典映像】
●「プレミアム制作発表」
●「スペシャルメイキング」
●「出演者インタビュー」
●「ナビ」
●「チャンネル★ロック」
●「宣伝SPOT集」等

【封入特典】
●マウスパット
●ミニクリアファイル



『謎のブラッディマンデイ』


ブラッディマンデイのさらに謎が深まる

Ver.0

詳細はこちら↓↓↓

ブラッディ・マンデイver.0



ブラッディマンデイ ハッキングイメージ

Sponsored Link

ブラッディマンデイ ドラマ 第一話 あらすじ後半

主人公 高木藤丸(ふじまる)の妹 高木 遥(たかぎ はるか)は、病院で透析の最中にテロリストの手によって誘拐される。


テロリストの要求は・・・「関東電力の中央制御センターのシステムをハッキングし、管理者パスワードを入手しろ」・・・ファルコンの名をもつ天才ハッカー藤丸(ふじまる)の才能を利用して、どこかを停電させるつもりだ。


しかし、妹を拉致され、選択の余地がない藤丸は、テロリストの要求どおり関東電力をハッキングし、パスワードを渡してしまう。


パスワードを渡した藤丸に、テロリストは上を見るよう指示する。


そこには雑居ビルしかない。しかし・・・雑居ビルのショーウィンドーの中に見えたものは・・・縛り付けられた妹遥の痛々しい姿であった。


その場所へ向けて走り出す藤丸。しかし、そこで待っていたのは、藤丸の仕掛けによって退職に追いやられた高校の元生物教師であった。


理性を失ったこの男はテロリストに洗脳され、「ブラッディマンデイ」に関わっていたのだ。そして、怪しく藤丸に・・・「パスワードをありがとう。これで何万人も死ぬ」・・・とだけ言い残し、姿をくらます。


妹とその看護婦はなんとか助かった。手段を選ばないテロリストに対して、強い怒りを覚える藤丸。


そして、テロリストは入手したパスワードを使って、関東電力へハッキングに成功。城南変電所のプログラムを書き換え始めていた・・・


しかし、何かがおかしい・・・書き換えがうまくいかない。


実は、ハッキングされたと思った管理者パスワードであったが、天才ハッカー藤丸によって仕組まれたジェイル(システム内の檻の中)の中でテロリストはおよがされているだけだった。


一方、テロ対策組織、警察庁警備局考案特殊第三課・・・通称「THIRD-i(サードアイ)」は、この藤丸からの情報提供で、停電に乗じて殺人ウィルスをばら撒くことを警戒する。


テロリストの狙いは「城南変電所エリアで人が多く集まる場所」そして、浮上するひとつの場所。


それは、オープニングイベントを展開中の巨大ショッピングモール「豊洲フロンティア」である。


ロシアでの殺人ウィルスによる惨劇を東京でも起こす気なのか?多くの捜査員を投入する警察。どこにウィルスが隠されているのか?


どのような方法でばらまかれるのか?必死の捜索が始まる。そして、藤丸も「豊洲フロンティア」へ向かう。


テロリストは手段を選ばない。管理者パスワードによるハッキングが失敗とわかると、直接関東電力中央制御センターと城南変電所へ乗り込む。



「豊洲フロンティア」

多くの人々が楽しむ「豊洲フロンティア」。必死に殺人ウィルスの隠し場所を探す捜査員。時間だけが過ぎ去っていく。


そして、突然の停電。テロリストの仕業である。そして、数分後非常電源により復旧する。


電気が回復したその瞬間。あるものに人々の注目が集まる。


それは、広間の中央に設置された多数の風船とその下につながった黒いボックスが突然切り離され、広間を上昇していく。


だれもそれを止めることができない。そして、突然黒いボックスから霧状のしぶきが噴き出す。


史上最悪の殺人ウィルスがついに撒き散らされた!


藤丸の・・・そして、THIRD-i(サードアイ)捜査員たちの目の前で・・・。


サードアイは、すぐに「豊洲フロンティア」を封鎖。建物から出るものは理由問わず射殺の指令が下る。


そして、建物内では一人・・・また一人と体の異変を訴えるものが続く・・・口から鼻から血を流し倒れこむ。まるでロシアで起きた惨劇のように。


パニックとなり逃げ惑う人々。何とか外部に助けを求め、出口へ殺到する。


一方警察とサードアイは、内部でサンプルを採取しウィルスの毒物検査を始める。


建物内部、サードアイのメンバー達は、パニックの鎮圧と藤丸が目撃した怪しいピエロの捜索をしていた。


藤丸もピエロを追いかけて、建物内部へと入り込む。

そこで藤丸は、倒れ苦しんでいる人を発見し、助けようとしたとき、ピエロがつけていた指輪と同じ指輪をしていることに気がつくと・・・突然藤丸に襲い掛かる。


防戦一方の藤丸は、犯人を逃がしてしまう。しかし、何故ピエロが・・・。


藤丸の脳裏の悪魔のシナリオが浮かび上がる。



突然、出口へ向けて走り出す藤丸。そこには既に多数の人々が殺到し混乱していた。そして、今にも、制止することが困難な状況に。


藤丸が叫ぶ「ウィルスはにせものだぁ!」。しかし、声は届かない。


藤丸が真実を伝えるために出口にまわり込み建物の外へ出たとき、銃声が鳴り響く。倒れこむ藤丸。


間一髪藤原の近くを弾丸がかすめただけであった。


サードアイの霧島 悟郎(きりしま ごろう)率いる毒物検査の結果、ウィルスが偽者であることを突き止めていたのだ。


テロリストと日本警察のぎりぎりの攻防。本物のウィルスであったら・・・。


しかし・・・


テロリスト側は既に次のターゲットを決めていた。

そして、病院で透析をうけている妹遥を引き取りに向かう藤丸に新たな魔の手が迫る・・・。


Sponsored Link

検索





Yahoo!ブックマークに登録

ブラッディマンデイ商品

テレビドラマの放送も含めて、ブラッディマンデイの関連商品を紹介します。


オリジナル単行本、テレビドラマのDVDボックスをはじめ、関連商品を多数集めました。


ブラッディマンデイの関連商品はこちら↓

ブラッディマンデイ関連商品 価格比較 口コミ


ブラッディマンデイ DVD 価格比較 口コミ


最近の記事

サブコンテンツ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。